LA DEPECHE DU MIDI

ladepeche.jpg  
ladepeche_01.jpg

Dépêche du Midi
2015.07.19

【昨夜、インターナショナル帽子コンクールのチャンピオンたちが選ばれた】

土曜日にボナイス広場にて行われた第23回帽子フェスティバルのインターナショナル帽子コンクールのショーにおいて、クリスティーヌ・ソブレを審査委員長とするプロフェッショナルによって構成された審査団が様々なカテゴリーからなる15の賞を発表した。

〈受賞者たち〉
一般の部:
1位 キャサリン・エレン(オーストラリア)、《アコーディオン》
2位 ナタリア・ボリソバ(ロシア)、《サイレーン(人魚)》
3位 寺沢富美(日本)、《3D》

麦部門
優秀賞 メタ・リーフケン(オランダ)、《ヴィジョン》

フェルト部門
優秀賞 マチュー・エリュオンデ(イギリス)、《秋》

フェルトウール部門
優秀賞 アリアンヌ・マリアンヌ(フランス)、《水玉》

造花/羽飾り部門
優秀賞 トレーシー・チャップリン(フランス)、《花と羽飾り》

紳士帽部門
優秀賞 クリステル・ポントワール(フランス)、《ダンディ》

舞台用帽子部門
優秀賞 ソニア・プロエンサ・ロドリゲス(フランス)、《鳩》

サント=キャトリーヌ部門
優秀賞 藤原咲子(日本)、《ティンカー・ベル》

アマチュア部門
優秀賞 ナタリー・エコチエール(フランス)、《渦巻き》

児童部門
優秀賞 サン=アントワーヌ小学校(コサッド)、《Plum Pidou Whoua 》

ザ・ハット・マガジン特別賞
ウェンディ・ホワイト(オーストラリア)、《フレイム》

コンクール委員会特別賞
ミオ・ギウリア(イギリス)、《A Black and White Twist 》

審査員特別賞
イザベル・マジテリ(ロンドン)、《爆発》

人気投票1位
ナタリア・ボリソバ(ロシア)、《夜の女王》

審査委員長コメント:「国際色豊かな受賞者たち」
金曜日の夜の審議において、帽子をひとつひとつ慎重に検討し、技術と完成度の両面から審査するためにクリスティン・ソブレを審査員長とする国際帽子コンクールの審査団は、コンクールに参加した国々の13人のプロフェッショナルによって構成された:キャロル・デンフォート(イギリス)、ウエ・ゲック(ドイツ)、ペーター・ウェイス、ロバート・デ・グロート(オランダ)、野大(日本)、スン・ヨン・チャン(韓国)、フロロンス・クレーヌ、イザベル・レイ、ミリアム・ヌブラ、エルザ・ペション、ブリュノ・レジュロン、ティエリー・フレスケ(フランス)。すべてのコンクールの参加作品の発表が終わった後、結果発表の際に、審査員長クリスティン・ソブレは参加作品の技術の高さと独創性を称えつつも、海外から発送されたいくつかの帽子が期限内に着かなかったことを残念だと付け加えた(コサッド帽子協会会長によれば、税関手続きの繁雑も要因であった)。審査の採点後、そして受賞者たちの発表の際に、審査員長クリスティン・ソブレは、「今回のコンクールは、国際色豊かな受賞者たちで構成されていた」と述べた。クリスティン・ソブレは、彼の夫と共にパリで内装の仕事を営んでおり、彼らの会社は、長年帽子フェスティバルのスポンサーでもある。彼女は、職人の世界にとても関心があり、パリ職人組合の中心メンバーでもある。


〈コンフェルリの新メンバー〉

土曜日のお昼近く、ケルシー地方のワイン、そしてパリのモンマルトルのワインのコンフェルリ、乳牛のコンフェルリと共に、帽子クリエイターのスタンドを訪問した後、ティエリー・フレスケを団長とするコサッド・セッフォンの帽子コンフェルリは新たに11人の新メンバーを迎えた。コンフェルリとは、著名な活動や普及に功績のある者、或いは一定の知識や技術を有する者に対して授与される騎士の称号である。


新メンバーたちは、7月18日より、このコンフェルリを誇りとし、あらゆる機会に於いてコサッドとセッフォンの帽子製作の品質向上に貢献することを誓った。新メンバーは、イレーヌ・ロングビル、フランソワーズ・ユークリッド、ペパ・ラミレス=ジメネス、ベロニク・リオル、ジャッキー・アメル=サレム、平野大、ドミニク・ボワセ、ジェラール・ヘブラー、ミッシェル・ロンチ、アビリオ・フェレイラ、ジャック・ブッディ。彼らは、誓いの証として証明書とメダルを受けとった。

▲Top

藤原咲子「大阪大学ニューズレター」掲載

07_fijiwara_01.jpg 07_fijiwara_02.jpg

フランス・帽子コンテスト優秀賞受賞
海外にも通じる帽子デザイナーを目指して

2015年7月、フランスで開かれた国際帽子コンテストで、外国語学部の藤原咲子さんの作品が優秀賞に輝いた。大学でドイツ語を学びながら、京都の帽子デザイナースタジオに通ってわずか1年。小さい頃からの帽子への夢を膨らませ、世界へ躍り出た。

▼帽子作りへの秘めた思い
かわいいハンチングをおしゃれにかぶって現れた藤原さん。「自分で作った帽子ですから。うれしくて」
自宅からほど近い、北摂の自然あふれる箕面キャンパスでドイツ語を学んできた。ただ、ずっとひとつの思いを秘めていた。それが帽子だった。「子どものころから洋服や靴には目もくれず、帽子にばかり目がいっていました」。大学受験のときも「第一志望の阪大に落ちたら、専門学校で帽子作りを学ぼう」と思っていたというほど、帽子への思いは強かった。3年になって真剣に就職を考えだしたが、「私の好きなものって何だろう。 改めて自分と向き合ってみたらやっぱり帽子でした」

▼「STUDIO HIRANO」で修業
2014年8月に京都市の帽子デザイナー養成所「STUDIO HIRANO KYOTO JAPON」(平野徳太郎代表)の門をたたく。大学では外国語の習得に苦労し、アルバイトもこなしながら、週1回、通いつづけた。「裁縫道具とミシンを買うところからスタートしました。見るもの触れるもの全てが新しくて」。この1年で10作品ほど仕上げた。「頭の中で思い描いていたものが形になる。手作業なので出来上がった瞬間の達成感はすごいんです」

▼国際舞台で活躍できるセンス
フランス南西部の町、コサッドでのコンテストで見事、優秀賞を得たのは「ティンカーベル」と名付けた作品。ピーターパンなどに登場する妖精の名前だ。「黄色と緑の組み合わせから、何とかアイデアを絞り出してつくりました」。天然草のシナマイで妖精の羽を表現し、着物地で花の装飾をアクセントにした。クラウン(帽子の山の部分)は緑色の麦のブレードを巻いた。「巻いていくうちに崩れ、何度も巻き直して、血豆ができました」というほど、精魂込めて作った。
「世界に認めてもらって光栄ですが、私はようやく基本を学んだところで、これからオリジナルのデザインや形に展開させていく段階。自分で思い描く世界を帽子で表現できるよう、もっと学びたい」。いずれは帽子デザイナーとして独立したいと希望をふくらませる。「作りたいのは、出掛けるのが楽しくなるような帽子」。指導する平野代表は「彼女は国際舞台で活躍できるセンスを持っている」と期待を寄せている。

▼やりたいことを存分に
帽子作りのほか、大学では夏まつり実行委員会やソフトボールのサークルに入るなど活発な学生生活を送っている。「サークルの仲間と過ごした時間が一番の思い出。仲間が応援してくれるのは心強いですね」。最後にこう後輩へエールを送る。「これまで昔に戻りたいと思ったことはないんです。小学、中学、高校、そして大学も、やりきった感があります。だから、後悔しないように、やりたいことを存分にやってほしいです」

●藤原咲子(ふじわら さきこ)
2012年、大阪大学外国語学部入学。「STUDIO HIRANO KYOTO JAPON」(京都市左京区)研究生。帽子界の2大コンテストのひとつ「第23回コサッド・セッフォン帽子フェスティバル・インターナショナル帽子コンクール」セントキャトリーヌ(フランスのファッション業界の祭り)部門で優秀賞受賞。

【写真&キャプション】
メイン:(アトリエ内で撮影した帽子との写真を使用する予定です)
サブ①(表彰状&メダル):
『「セントキャトリーヌ部門」優秀賞の賞状とメダル』
サブ②(作品)
『受賞作の帽子「ティンカーベル」』
サブ③(アトリエの前)
『平野代表らと「STUDIO HIRANO KYOTO JAPON」前で』

▲Top

福井健二氏とコラボレーション・掲載記事

京都染色文化協会テキスタイルデザイナー福井健二氏とコラボレーション
(東京ビッグサイト Gift Show)

senken_fukui_02.jpg senken_fukui_01.jpg
 

「繊研新聞」掲載記事(2016/03/23付)

▲Top

「The HAT magazine」 Issue63

「The HAT magazine」Oct/Nov/Dec 2014 Issue 63掲載

63_HAT_01.jpg
63_HAT_02.jpg 63_HAT_03.jpg
63_HAT_04.jpg 63_HAT_05.jpg

▲Top

「The HAT magazine」 Issue62

「The HAT magazine」July/Aug/Sept 2014 Issue 62掲載
2000 年〜2014 年 世界のコンクールで27の賞を獲得 高い評価をされています。

62_HAT_01ed.jpg 62_HAT_02ed.jpg
62_HAT_03ed.jpg 62_HAT_04ed.jpg
  布垣さやか インタビュー記事掲載
62_HAT_06ed.jpg

北海道在住 加藤節子
Atelier-Musée du Chapeauコンクールテクニカル賞受賞

62_HAT_05ed2.jpg
Thank you,「The HAT magazine」世界から多くの人がエキスポジションへ来て戴きました。

▲Top