18émes Septfonds Estivales du Chapeau

18émes Estivales du Chapeau a Septfonds
2010/7/14・15・16・17・18
septfonds.dm.jpg
18回ポスター
septfonds01.jpg septfonds02.6.jpg septfonds03.JPG
セッフォン風景 2011年春 夏コレクション スタンド
septfonds04.JPG septfonds05.JPG septfonds06.JPG septfonds07.JPG
コンクール出品作品
寺沢富美
コンクール出品作品
加藤節子
コサッドセッフォン帽子コンクール
歴代1位作品
2002年平野紀子
2004年竹谷直子
septfonds08.1.jpg septfonds09.1.jpg septfonds10.JPG septfonds11.JPG
陶器の帽子型 コンクール出品作品 Mme ACQUIER
Jeanne 会長
M.Patrick CAPPOEN
Mme COURNILLE
"Compagnia
LesEnjoliveurs"
septfonds12.jpg septfonds13.JPG septfonds14.1.jpg septfonds15.1.jpg
"Lait Yaourt Brothers" セッフォン伝統の
麦ブレードを守って
いる伝統工芸師
会場風景 子供のパレード
septfonds16.1.jpg septfonds16.6.jpg septfonds17.jpg septfonds18.5.jpg
夕食風景
毎年セッフォン コサッドの人逹により(今年は7月13日~18日)200~300人の昼夕食を支えて戴き感謝!
  Confrérie コンフレリ    
septfonds19.jpg septfonds20.1.jpg septfonds21.jpg septfonds22.jpg
コンフレリ:帽子のアソシエーション 伝統を守りかつ促進をしていく団体。
マキシン代表取締役社長
渡邊百合氏が、平野徳太郎の推薦、委員会の承認によりコンフレリを即位承認された。
コンクールショー会場前 H.A.SCHMID コンクールショー
加藤節子
septfonds23.JPG septfonds24.jpg septfonds28.jpg septfonds29.JPG
寺沢富美
<麦部門>1位
竹口真由美 コンクール受賞式
寺沢富美
<麦部門>1位
代理で平野徳太郎がディプロムを受け取る
受賞作品
septfonds30.JPG septfonds31.1.jpg septfonds32.JPG septfonds33.JPG
Patrick CAPPOEN会長からショーの授賞式最後に「平野は2000年から2010年の間にセッフォン、コサッドを世界へと大きく広げた」と謝辞を述べられた。 そして高い評価を受けた。   スタンドで評判が高かった帽子 1
 
septfonds34.4.jpg septfonds35.2.jpg se36.2.jpg septfonds37.3.jpg
スタンドで評判の高かっ
た帽子 2
     
septfonds38.jpg septfonds39.jpg    
7月13日フランス トゥールーズ空港から セッフォンへ行く為、迎えに来て
くださったご夫妻
7月18日セッフォンからトゥールーズ空港へ送って下さったご夫妻    

デフレ
 
defure2.9.jpg defure2.4.jpg defure2.5.jpg defure2.6.jpg
Fumi TERASAWA
<麦部門>1位
寺沢 富美
     
defure1.4.jpg defure1.1.jpg defure1.2.jpg defure1.3.jpg
Setsuko KATO
加藤 節子
     

▲Top

「The HAT magazine」 Issue47

Oct/Nov/Dec 2010掲載
2010年 セッフォン コサッドインターナショナル帽子コンクール<麦部門>1位 寺沢富美

hatmagazine01.jpg issue.47._2.5.jpg

▲Top

LA DEPECHE DU MIDI紙

ladepeche03.jpg

▲Top

CHAP MOD

chapmod02.jpg

chapmod02.6.jpg

▲Top

掲載記事

kyotoshinbun1.jpg

<上記、記事>

仏の国際帽子コンクール「麦部門」
京のデザイナー 1位の快挙

「オプアート」 大胆な色使い評価

ヨーロッパ屈指の帽子の産地、フランス南部のコサッド市で今年7月に開かれた国際帽子コンクールで、京都市左京区のアトリエ「STUDIO HIRANO KYOTO JAPON」所属の帽子デザイナー寺沢富美さん(大阪府東大阪市)が「麦部門」の1位を受賞した。
同コンクールは今年で18年目を迎え、一流ブランドの帽子デザイナーらが審査員を務める。
3部門あるが、同アトリエの平野徳太郎代表によると「現地の地場産業である麦素材の帽子で、外国人デザイナーが1位を獲得したのは快挙」という。
寺沢さんの作品のテーマは「オプアート」で、錯覚による視覚的効果を狙った幾何学的・抽象的な美術作品のこと。「ちょっと不思議なラインが出るように」と広いつばがところどころ波打った型の上から、ベージュ、水色、紺の3色の5ミリ幅の麦ブレード(麦わらをテープ状に編んだもの)を丁寧に張り付けた。
「それぞれの色の分量、構成に一番気を使った」という。同部門に出品された約40点の中で、大胆な色使いの美しさや完成されたフォルムなどが高い評価を得た。
作品は9月中、コンクール会場に展示されており、今後、同アトリエの作品展などで披露する予定。
寺沢さんは「目指すのは、かぶった人が素敵に見える帽子。
『シンプルできれい』が一番難しいけれど、そこにたどり着けるようにつくっていきたい」と話していた。

2010, 8 26 京都新聞


<英訳>

A designer in Kyoto won the 1st prize at "straw section" in the international hat contest in France

"Op art" evaluated its bold color use

In the international hat contest held in July, this year in Caussade, Septfonds in southern France, the leading place of production of hat in Europe, Fumi Terasawa (Higashiosaka-shi, Osaka), hat designer at atelier "STUDIO HIRANO KYOTO JAPON" of Sakyo-ku, Kyoto-shi was awarded the 1st place of the "straw section”.
The contest marks the 18th year this year and the hat designers of a first-class brand are on the jury at the competition.
The contest is consisted of 3 sections, and according to Mr. Tokutaro Hirano, President of the atelier; "It's a feat as a foreign designer to win the 1st prize in the section of straw material, which is the local industry of the site."
The theme of Mis. Terasawa's work is "Op art,"-- the geometric and abstract art work which aims the visual effect by illusion.
"To make a little wonder line"-- On the chip with wide brim partially waved 3 colors of beige, blue and dark blue 5-mm width wheat braids (straw woven into tape form) are carefully attached.
She says, "What I most focused was the volume and arrangement of respective colors."
Among 40 competitive hats in the section, the beauty of its bold color use and completed form received high evaluation.
The work is exhibited at the contest hall during September and will be on the work exhibition of the atelier in the future.
Mis. Terasawa said "My ideal hat is what the person who wears it looks strikingly.
“Simple and beautiful” is the most difficult, but I try to make hats to realize such style."

Aug. 26, 2010 Kyoto Shimbun


  seisaisshinbunjpg.jpg seikennshinbun1.jpg

左:「日本繊維新聞」掲載記事 (2010/08/06付)
右:「繊研新聞」掲載記事 (2010/08/12付)

▲Top